上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は、
以前時計の修理をお願いしていた修理屋さんから電話があり、
時計を受け取ってきました。

先々週、
時計のガラス部分にひびが入ってしまったんです。
それが兄から(24年生きてて初めて?)プレゼントされたもので
特に仲のいい兄弟というわけではないのですが

僕と違って服や、音楽の器機や、車のようにモノにこだわりのある彼からのプレゼントなだけあって
いいものなんです。
すかあげんというブランド?のもので自動巻で、裏から中のメカが見えていて
振ると「ぐわんぐわん(巻かれた音)…カチカチカチ(秒針の音)」っていって、
「あ~、動いてる~」というか、むしろ「あ~、働いてるな」という感じがします。
(その音で僕はなぜか小人の靴屋を思い出します。時計の中でたくさんの小人が働いてるような…)

本心から気に入っていて、またプレゼントだったのもあって
ひびが入ったことで
「うわぁ~~~………」
って、もう結構しばらく憂鬱でぼーっとしてしまうくらいでした。

先週、
どこか近くで修理してくれそうな所を探していたら偶然近くに
「千葉時計修理センター」という良さそうなところを見つけました。
「部品があるかどうかという点で直せるかどうかわからないけどひとまず預かりましょう」という感じで預かってくれまして、
今日直ったと電話を頂き受け取ってきたわけでございます。

修理屋さんに行く道中、なんてお礼を伝えたら良いものかと(伝えるのが下手な人間です)言葉を探しながら向かいましたが

修理屋さんのおじさんは
インターネットで買ったこのような時計は部品が無かったりするんだとか、
保証書はちゃんと取っておくようにとか(実家にあるんですが)
中の部品は国内生産で店に部品が置いてあったりするが
外は別だ、これなんかは普通より大きいんだ、まあ、だから買ったんだろうがね、、(このとき初めて少し笑った気が)
みたいなことを淡々と、どちらかというとむすっと言いました。

予定外に、どちらかというと怒られているような気分でしたが
そういう態度がかえってまた、「腕のいい職人さん」という感じがしました。

「直るかわからんよ」くらいだったのがなんだかんだいってしっかり直してもらえてのが小さく驚きというかすごい、さすが、という感じだったのと、直してもらえたこと自体は嬉しいことでした。
加えてこのように腕のいいプロの方にあうたび、それが歯医者さんであれ料理人であれ時計の修理屋さんであれ、尊敬の念を感じます。
僕もいずれ何の分野にせよ、そのような人間になりたいものです。
2009.01.22 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
更新が途絶えておりました…最低でも5月に一度と思っていたのに

謹んで更新いたします。
といってもぼくの部屋がすごいことになってますという話なのですが


部屋



卒研で、大学生活の中で問題に思ったことを
(例えばスケジュール管理等)
解決するような成果物を作るイメージをずっと持っていて
そのために参考になる資料―過去にした授業のノートやスケッチなど
を全部つり下げたらロフトベッドの下が占領されてしまった


…って、面白くない話!
ですね、そう、最近面白いことといったら…



と、ここに蒼井優さんの画像を載せたかったのですが、
なんだか何かの調子が悪いらしくて
載せられませんでした(泣)
フラガールを最近見ました。
ホントに良かった。その感想を書けば良かったんです
よね


いや、もう
今度こそ近々
面白いことを
探すつもりで
生きてゆきたいと思います
2008.06.01 Sun l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
blgdaigoro1.jpg

今日は「ちょっとお酒を飲もうかな」と思いました。
リラックスしたい日に飲むことがあります。
でも、

「あっ、お金無いんだった(節約してるんだった)。
今確かお札しか入ってないよな。
お札崩すの嫌だし、やめとこうか。」

と思いながら財布を開きました。
blgosatu.jpg



うーん…

「やっぱやめとこうか」
という気持ちになったんです。



ところが


小銭入れの方を見入ると

500en.jpg


「おっ入ってるじゃん」
となったわけです。

おかしいですよね。
500円2枚(見えますか??)と
1000円札、同じなのに。

その場で自分の反応に気づいて
しょっく

あ~、、、
「いざというときお金がないと困るけど(交通費とか)
100円とか、考えなしに使ってしまうのは
控えたい」
とき、お札だけにしとくといいかもしれない、
なんて思いました。

そんなわけで
この出来事をブログに書こうと思いながら

blgdaigoro.jpg


お札で(500円玉2枚を残しておくために)
お酒を買いましたとさ。


(…オチ!?)
2008.02.18 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

jitensya
syouene



こんなのを作りました。



説明



背景

1、温暖化による影響予測
・気象災害による被害の増加   ・温暖化の加速、止められなくなる可能性
→そうなる前に対策が必要

2、温室効果ガス削減についての具体的な行動目標
・京都議定書ー日本は6%の削減目標   ・2007 年のサミットー「2050 年までに半減を検討」

3、温室効果ガスのうち二酸化炭素排出の現状
・途上国を中心に依然増え続けている   ・日本でも依然明らかな増加傾向

4、問題点
・日本では被害の実感があまりなく、本格的な行動が行なわれているといえない
・省エネ、3R 等には、どちらかというと明るいイメージは薄いと思われる。(面倒、暗い、否定的)

5、希望的なこと
・平成17年の世論調査によると物質的な豊かさを犠牲にしても循環型社会を受け入れられる(「やむを得ない」を含む)と答えた人は約7割。
・家族が一緒に食事をすることが大きな節約源である。経済的なことを抜きにしても、一般に良いイメージを持たれることが、結果省エネになる例が少なくない。
・環境ジャーナリストの石弘之氏によれば、3割のエネルギーや食料を削っても生活水準は落ちない。 (これだけで京都議定書達成可能)逆に言えば多くの家庭で経済的にたくさんの無駄がある。



着眼点、アイディアの説明

着眼点ー広告の目的
上記のことを踏まえ、温暖化防止につながる行動の「明るい」「ポジティブ」な側面をアピールし、そのような行動 へのプラスイメージを醸成することを目的とする。

表現

広告1、「省エネは,アカルイ」
3つの窓の電気が消えており、夜で、一見暗いイラストに、「省エネは、アカルイ」のコピーがある。見てみると、一つの窓に明かりがついており、一家団らんで過ごす人影がある。物理的に暗いのと対照的に、省エネとなる行動に明るい面があることを強調する表現とした。

広告2、「3R のある生活は、なかなかユタカだ。」
自転車屋の前に新品の自転車が並び、また買い物の後らしく袋を持った人を後ろにして,自転車に気分良さそうに乗る女性。サブコピーに、壊れたが修理した自転車に乗っていることが書かれている。一見「ユタカ」とは見えなそうなイラストに「3R のある生活は、なかなかユタカだ。」として、ものを大切に使う魅力をアピールする。

2008.02.12 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
blgdish.jpg

皿を買ってしまいました。LOFTで525円でした。

写真がまだ下手でなんか…このいい感じが伝わりませんが
もう
ご飯がおいしいったら!
昼に生協の個配で届いたニンジンが結構鮮度が良かったり
ゴボウが鮮度良かったり

…ボクばかりこんなシアワセでいいんですか!?

さて…飯食ってあとは図書館で課題にトドメ刺してきます―2時間で…できるだけ



ゴチ!!
2008.02.04 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。